リボ払いの常用で金銭感覚が壊れてしまう
2020.05.14
リボルビング払いが習慣になってしまうと、常に利息を払い続ける生活に嵌りがちです。リボ払いが便利に見えるのは、次々と買い物をしても限度額までなら月々の返済が定額ですむ点です。例えば30万円の限度額に設定されているカードでリボ払い月々1万円(元利定額払いの場合)にしておけば、4月に5万円のスーツを購入、5月に10万円のノートパソコンを購入、6月に諸々で8万円を使っても、返済は毎月たった1万円で済みます。

でも、7月以降、一切カードで買い物しなくても年利15%のカードだと返済は2年3ヵ月後まで続き、払う手数料は4万円以上にもなってしまいます。長期にわたって手数料を払ってくれるのですから、カード会社にとってこんないい客はありません。

リボ払いを習慣にしている人の話を聞くと、限度額まであとどれだけ使えるかを常に気にしています。毎月1万円返済すれば、1万円の枠が開くので、利用できる権利を手に入れたかのような感覚になるそうです。こうして1万円ずつ真面目に返済していき、一方で、買い物や飲み食いで使っていくと、カード会社から利用限度額の引上げのお誘いがあります。

やがて50万円、100万円と限度額が引き上がり、いつのまにか常時100万円もの借金を抱える生活になっていきます。それでも本人は毎月返済はしているし、限度額も決まっているので、いつかは完済できると自分に都合よく考えるようになります。精神的には追い詰められているのですが、家族などまわりから指摘されると、激怒したりします。

貯蓄を減らしたくないからリボ払いにしたという人もいます。若いうちは貯蓄が少ないので、気持ちは分からないでもないのですが、そういう人は、金銭感覚がおかしくなる一歩手前にいる、と考えてください。

借入残高の15%前後、貯蓄の金利の50倍以上です。貯蓄をコツコツしていても、常時リボ払いをしていれば、貯蓄の金利の10倍以上の手数料を払うことになります。差し引き大きなマイナスです。

しかも、返済額や返済の方法によっては、いつまで経っても元金が減らない一方、手数料は雪だるま式に増えていきます。働いても働いても中々暮らしが豊かにならない。そんな悪循環に嵌りかねないのがリボ払いなのです。お金を貯めたいなら、そして心穏やかに暮らしたいなら、リボ払いを習慣にしてはいけません。
2020.05.14 11:27 | 固定リンク | 日記
紛失時にわかる財布の定位置にカードを入れるワケ
2020.05.11
クレジットカードを財布ごと落としてしまう、あるいは盗まれてしまうということがあります。そんなときのために殆どのカードには「紛失・盗難補償保険」が無料でついています。こうした保険制度があるので、私たちは安心してカードを持つことができるわけです。カードをなくしたり、盗まれたりした場合には、すぐにカード会社に届け出てください。カード会社では直ちに紛失したカードの使用にストップをかけ、不正に使用されないように手配し、同時に新しいカードを送ってくれます。

紛失届けを出す日は重要です。保険で補償される期間に関係するので、気づいたらすぐに届け出てください。大抵の場合、紛失すぐに届け出れば、被害を受けることはまずありません。一般的なカードだと届け出をした日を含めて60日間遡った日までが補償期間になります。この期間内であれば、不正使用されたとしても支払いをクレジット会社にしなくてすみます。

でも、なくしたことに気づくのが遅れた場合は、かなり心配です。例えば、どこかで落としたのに気がつかずに半年たってしまった場合、慌てて届け出ても60日より前に使われたものは全額自分で支払わなければなりません。このことはカード会社との契約に書かれているので逃れることはできません。

紛失したのになかなか気がつかないということは、普通は考えられません。あるとすれば、普段滅多に使わないカードの場合です。いつも財布に入っているカードがなくなっていれば、普通は気がつきます。この段階で気がつかなくても、利用明細票も送られてきますので、中を見て確認すれば、通常は気がつくものです。

滅多に使わないカードだと明細票が送られてきても単なるお知らせ程度に思って中を見ずに捨ててしまったりしがちですから、明細票の中に不正に利用された明細が載っていても、これでは気がつきようがありません。不審に感じたカード会社の方から電話で指摘され、やっと本人も気がついたという話もあります。こうした被害を防ぐには、カードは財布に入れておく位置を決めておき、使ったらその位置に戻します。また、財布に入らないクレジットカードは、最初から持たないことです。

2020.05.11 10:55 | 固定リンク | 日記

- CafeLog -