保険は本当に必要になるまで加入を先送りする
2020.05.14
保険でお金持ちになれるとしたら、2つのパターンに限られます。高額な死亡保険に加入して、まもなく死亡してしまった場合。ただし、保険金を受け取れるのは自分ではなく遺族であることをお忘れなく。

もうひとつのパターンは、金利が高い頂点で保険に加入した場合です。それも貯蓄性が高く、その高金利が満期まで続くような固定金利タイプの保険です。金利が下がっていっても頂点で加入した保険は、そのまま高金利でお金が回っていきます。

でも今は低金利なので、保険加入が有利な金利状況ではありません。仮に超高金利な時代がやってきたとしても貯蓄性が高く固定金利状態で10年、20年と回るような保険は保険会社が扱うわけがありません。

何故なら高金利保険を抱えきれずに破綻し、他社に買われて社名が変更になった保険会社が過去にいくつもあるからです。こんな過去の経験が保険業界にはあるので、超高金利時代が来たとしても、保険会社は絶対にリスクを抱えません。

今もこれからも扱う保険は、優秀な保険会社の人たちがあらゆる角度から考えて会社が絶対に損をしない仕組みの保険になっているはずです。他の預け先よりも保険で有利にお金を貯められるという時代はもうやってきません。保険は必要になったときに「保障」の目的で必要な額だけ加入することにしましょう。

でも、時々若いのに高額な保険に加入している人がいます。若いうちの方が保険料が安いと勧誘を受け、保険に加入したようです。確かに3,000万円の保険に入る場合、25歳で加入した方が35歳で加入するより月額2,610円安くなります。でも、長く払うことになるので総額では殆ど同じになります。

ならば、若いうちにかけた方が月々安いじゃないかと思うかもしれませんが、若いうちの6,600円は貴重です。このお金でもっと本を読んだり、運用の勉強に充てた方が10年後のあなたに好影響だと思います。

また、3,000万円も保障はいらなかったと、後になって考えるかもしれません。例えば、その後もずっとシングルだったり、結婚したけれど子どもを持たないライフスタイルだったりするなら、1,000万円の保険でも十分です。

つまり、保険料も3分の1で済むということです。将来の家庭像も見えないうちから無理をして高い保険に加入しなくてもよいのです。保険には貯蓄性を求めない。本当に必要性を感じた時に保障の目的のみで加入することにしましょう。
2020.05.14 13:02 | 固定リンク | 日記
年2回のリセットでカードライフは怖くない!
2020.05.14
使えるものは、なんでもカードにするというのがクレジットカードのおトクな使い方として、よく雑誌などで紹介されています。実際、クレジットカードで支払えないものは今やなくなってきました。携帯電話料金や光熱費、国民年金の保険料までカードで支払えるようになっています。

でも、支払える能力以上に使ってしまうのが、カードの不安要素です。使いすぎかなと感じたら、次の方法をためしてみましょう。カード残高を全額、返済してしまうのです。私は自分で「カード払いのリセット」と呼び、実行している方法です。

カード会社のカウンターで入金したり、振込みにしたりするなどして支払い期日の来ていない利用額を返済してしまいます。理想的にはその都度返済するか、利用分を別口座に移動させることですが、それが中々できない人は、年に2回残高をゼロにしてみましょう。

利用残高をゼロにしてしまうと、清々しい気持ちになると思います。貯蓄はその分滅ってしまいますが、この金額が本当の貯蓄の金額です。今まではカード利用だったので、利用額を差し引いた貯蓄額が見えなかっただけです。

これを機にカードの使い方を見直しましょう。できれば1ヶ月だけでもカードを一切使わず、現金払いのみでやってみましょう。反省することも多いと思います。これからもカードを使っていくなら半年に1回リセットすることを習慣にしましょう。
2020.05.14 12:56 | 固定リンク | 日記
カードを利用したら、使った額を別口座に移動させる
2020.05.14
クレジットカードを携帯電話に入れることができるような時代になりました。本当に便利な世の中になったものです。でも、便利だからこそ、若いうちからカードとのいいつきあい方をしてほしいのです。カード利用でポイントをためたいけれど、使いすぎないようにしたいと真剣に考えている人に、それをセーブできる方法を紹介しましょう。

1.カードを使っていい月額の予算を決めて守る

例えば3万円までと決めて、その金額は口座に必ず残すようにします。そのためにはカードの利用明細票はきちんと整理し、手帳などに記録していくようにします。今の時点でどれだけ使っているか把握できているようにするためです。

給与が振り込まれても、3万円は常に無かったものと考えることが必要です。こうした予算管理が苦手な人は、次の方法を取り入れてみてください。

2.敢えて決済期日前に返済してしまう

カードを使ったら別の口座にその代金分を給与振込口座から振替で移動しておく。あるいは、財布から別口座に入金するようにします。インターネットバンキングだと自宅に居ながらいつでも移動できます。

毎回、移動させるのが大変なら、1週間ごとに移していきます。カード会社によっては、ネット経由の振込みにより、自宅に居ながらにして期日前に返済することができます。つまり、カードを使いながら、現金で払っている形に近づけるのです。

カードの返済が滞ったり、使いすぎてしまうのは、入ってもいない収入をあてにするからです。利用する度にすぐに返済分のお金を別口座に移動させておけば、今ある収入以上には使わなくなります。いずれの方法も、面倒くさいいと思うでしょう。でも、この方法を実行していけば、ポイントを貯めながら安心してカードを使っていくことができます。
2020.05.14 12:46 | 固定リンク | 日記
還元メリットの高い「マイル」を安心して貯めていく
2020.05.14
クレジットカードは、使い過ぎが心配なので、使わないという人が少なくありません。これはこれで、賢明な方針だと思います。私も4年前までは使わない主義でした。しかし、あるときからカード派に転向しました。理由は2つあります。

ひとつは「マイル」を貯めたいと考えたからです。マイルは距離の単位ですが、航空会社のカードでは、利用に応じたポイント加算の単位にマイルを使っています。貯まったマイルに応じて、お金を使わずに飛行機で旅行することができます。

例えば5万マイルの飛行距離を航空料金に換算すると、通常カードのポイントを貯めるよりも価値はずっと高くなります。私は年会費のほかに、別途5,250円の会費を払い、通常よりも3倍マイルを貯められるようにしています。

目標はマイルを貯めてリタイア後に夫と一緒に世界1周旅行をすることです。私は有効期限のないカードにしているので10年後を目指し、日常生活費の買い物などでコツコツとマイルを貯めています。

カード派に転向したふたつ目の理由は割高に払いたくなかったからです。カードを店で使うと、店側ではカード会社に代金の4%前後の手数料を払います。また、ポイントの交換にも備えておかなければなりません。カードを使う人が増えていますから、この手数料やポイント分は価格に上乗せするしかないでしょう。

つまりカードで払えばポイントやマイルの分だけ現金で購入する人よりも割安に買い物をすることができるわけです。ただし、いつもお金のテーマで執筆したり講演したりしている私でも、カードを使っていると使えるお金の範囲を意識しなくなりがちです。

だから、自分の子どもたちには貯蓄が月収の6ヵ月分以上になり、しっかりした金銭感覚ができるまではカードを使わないようにと話しています。カードは、どうしたらポイントを貯められるかと考えるよりも、どうしたら安心して使っていけるかということに知恵を絞ることが大切です。そして、自分で決めた使い方のルールを守り続けることです。

そんな面倒なことをしたくない人は、きっぱりカードを使わない主義になったほうがいいと思います。さもないとカード返済が増えていきます。カードのメリットを享受しつつ、収入に見合った使い方をしたい人は、カード利用の管理法を、ぜひ実践してみてください。
2020.05.14 12:31 | 固定リンク | 日記
リボ払いの常用で金銭感覚が壊れてしまう
2020.05.14
リボルビング払いが習慣になってしまうと、常に利息を払い続ける生活に嵌りがちです。リボ払いが便利に見えるのは、次々と買い物をしても限度額までなら月々の返済が定額ですむ点です。例えば30万円の限度額に設定されているカードでリボ払い月々1万円(元利定額払いの場合)にしておけば、4月に5万円のスーツを購入、5月に10万円のノートパソコンを購入、6月に諸々で8万円を使っても、返済は毎月たった1万円で済みます。

でも、7月以降、一切カードで買い物しなくても年利15%のカードだと返済は2年3ヵ月後まで続き、払う手数料は4万円以上にもなってしまいます。長期にわたって手数料を払ってくれるのですから、カード会社にとってこんないい客はありません。

リボ払いを習慣にしている人の話を聞くと、限度額まであとどれだけ使えるかを常に気にしています。毎月1万円返済すれば、1万円の枠が開くので、利用できる権利を手に入れたかのような感覚になるそうです。こうして1万円ずつ真面目に返済していき、一方で、買い物や飲み食いで使っていくと、カード会社から利用限度額の引上げのお誘いがあります。

やがて50万円、100万円と限度額が引き上がり、いつのまにか常時100万円もの借金を抱える生活になっていきます。それでも本人は毎月返済はしているし、限度額も決まっているので、いつかは完済できると自分に都合よく考えるようになります。精神的には追い詰められているのですが、家族などまわりから指摘されると、激怒したりします。

貯蓄を減らしたくないからリボ払いにしたという人もいます。若いうちは貯蓄が少ないので、気持ちは分からないでもないのですが、そういう人は、金銭感覚がおかしくなる一歩手前にいる、と考えてください。

借入残高の15%前後、貯蓄の金利の50倍以上です。貯蓄をコツコツしていても、常時リボ払いをしていれば、貯蓄の金利の10倍以上の手数料を払うことになります。差し引き大きなマイナスです。

しかも、返済額や返済の方法によっては、いつまで経っても元金が減らない一方、手数料は雪だるま式に増えていきます。働いても働いても中々暮らしが豊かにならない。そんな悪循環に嵌りかねないのがリボ払いなのです。お金を貯めたいなら、そして心穏やかに暮らしたいなら、リボ払いを習慣にしてはいけません。
2020.05.14 11:27 | 固定リンク | 日記

- CafeLog -